園のご案内

保育・教育方針

もっと、大きな喜びを与えたい。
もっと、豊かな経験をさせたい。
もっと、大きな感動を与えたい。
もっと、きれいなものに触れさせたい。
もっと、大きな夢を育てたい。

私たちの願いは、未来を担う子どもたちがより良い環境の中で健やかに成長し、保護者の皆様が安心して笑顔で子育てができるような、子育て環境を提供することです。教育基本法や学校教育法の改革によって、幼児教育の大切さが明記され、益閃、乳幼児保育・教育の果たすべき役割が大きくなっています。

そのような中、平成24年8月に「子ども・子育て支援法」という法律ができました。この法律と、関連する法律に基づいて、乳幼児期の保育・教育、地域の子育て支援の量の拡充や、保育・教育の質の向上を進めていく『子ども・子育て支援新制度』が、平成27年4月より本格的にスタートしました。

保育・教育理念

1年を楽しみたければ、麦を育てなさい。
10年を楽しみたければ、木を育てなさい。
100年を楽しみたければ、人を育てなさい。
「管子」より

未来に向かって大きな可能性を秘めた子どもたちが、大きく羽ばたけるために、本当に豊かで、多様な幼児期を過ごさせたい。

人を育てるということは、心を育てることであり、辛翔強く、ちょっとしたことを積み重ねていくことです。私たちは、理想とする最高の乳幼児保育・教育を目指し、努力していきたいと思っています。

保育カリキュラム

各年齢ごとにしっかり目標を定め、「発達の連続性」「育ちや学びの連続性」を大切にしています。

0さい『ひとり一人の子どもの生活のリズムが大切な0歳児』

・甘えや要求をしっかりと受け止め、安心して保育者とかかわります。ひとり一人の個人差に留意しながら、離乳、歩行の開始を促し豊かな感性や発語をはぐくみます。

1さい『研究心旺盛な1歳児』

・食事、排泄、睡眠、着脱などできることを始めるようになります。
・聞く、見る、触れるなどの探索活動を通じて様々なものに興味関心を持ち、視野を広げます。
・保育者と関わりながら自分の思いを動作や片言で表現し、友だちへの関わりへと広げます。

2さい『自己主張が盛んな2歳児(満3歳児)』

・好きな遊びを楽しみながら、保育者や友だちとの関わりを通して語彙が増えていきます。
・段々と身のまわりのことが自分でできるようになり、教育を受ける基本的な姿勢が身につき始めます。

3さい『自我が芽生える3歳児』

・自分の思いを保育者や友だちに言葉で伝えたり表現できるようになってきます。
・園生活になじみ基本的な生活習慣がしっかりと身につき始めます。

4さい『表現力が豊かになる4歳児』

・遊びを通して自分の考えや気持ちを伝え合い、協力して遊ぶ楽しさを知ります。
・自ら考え、行動できるようになっていきます。

5さい『最年長としての自覚や意欲が育つ5歳児』

・友だちと協力し合い意欲的に生活を送る中で、相手を認め思いやる心が育ってきます。
・自然や身近なものに興味関心を持ち、感性を豊かにするとともに創造力を養います。